temple(長野県 善光寺)

鳥取の砂の美術館の紹介、まだ終わってないんですが(^^ゞ 9日から始まった「第十回長野灯明祭り」に
日曜日(10日)に行ってきたので、その時の記事を先にアップします^^ 
今度の日曜17日までやっているこのお祭り。
一昨年も行ったんですが、またあの灯明と善光寺のライトアップが見たくて行っちゃいました^^

善光寺裏の駐車場に車を停めて(午後5時くらいに到着)善光寺へ。
まだ時間的にライトアップされてません。本堂裏側。雪を冠った屋根が綺麗でした。
e0223456_7511113.jpg

e0223456_841968.jpg

おびんずるさま(びんずる(賓頭廬)尊者)。
「お釈迦様の弟子、十六羅漢の一人で、神通力(超能力に似た力)が大変強い方でした。
俗に「撫仏」といわれ、病人が自らの患部と同じところを触れることでその神通力にあやかり治していただくという信仰があります。」
ということで、訪れる人達に撫でられて、すでにつるつる。目鼻立ちもわからないくらいになってます。
当然、私達も撫でて撫でてお願いして来ました。
e0223456_842724.jpg

妻戸台。「 鎌倉時代、時宗二祖他阿真教上人の一行が本堂前庭の舞台で踊り念仏を奉納されました。
現在外陣にある妻戸台は、かつて他阿上人が踊り念仏をした舞台の名残といわれています。 法要の
時には、瑠璃壇からの鐘の音と妻戸の鐘の音が呼応して、壮麗な雰囲気を醸し出します。」とのこと。
e0223456_811862.jpg

本堂より山門の方を見て。
e0223456_811315.jpg

こちらがその山門(三門)、本堂側から撮ってます。重要文化財です。
e0223456_8123260.jpg

本堂正面。これから暗くなってライトアップされたときにどうなるか、楽しみです♪
e0223456_8153323.jpg

その本堂の前では、猫の撮影会(??)のようなものをやっていて、思わず撮っちゃいました(^^ゞ
こんなものの上でよくじっとしてるなぁって感心。
e0223456_8163431.jpg

六地蔵。地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の6つの世界で我々衆生を救ってくださる菩薩様だそうです。
e0223456_8164424.jpg

明日は暗くなってきた善光寺の大門上石畳通りと中央通りを^^


写真は全てクリックすると大きくなります。よろしければクリックして拡大して見てください♪


☆ご訪問、どうもありがとうございます♪ ランキングに参加してます☆
ポチッ↓↓と 一日一回していただけると励みになりますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村      人気ブログランキングへ
by meldad1524 | 2013-02-12 08:22 | photo scenery | Comments(2)
Commented by じゃりこ at 2013-02-12 09:18 x
えー 猫にも服着させるのー
猫も猫じゃー
なんだかみんな 人の手で変えられてしまって
それらしさがなくなりそう・・・・・・
Commented by meldad1524 at 2013-02-13 09:10
じゃりこさんへ♪
そうなんですよ~、ぬくぬくなコートと言う感じの服を着てましたよ~(=^・^=)
ビックリなくらいじっとしてる猫で、5分くらい私は見てただけですが
その前後もずっとこの上にいました。
モデル猫でしょうか~?(^_^;)


<< lighting-up(長野県... sand museum 3(鳥... >>