old folk house(大鹿村・重要文化財「松下家」)

昨日紹介した小渋橋を渡って少し行ったところ、それも山を登っていった高台にあった「松下家」。
e0223456_6204473.jpg

こちらの祖先は戦国時代まで遡るそうです。すごい歴史のある家なんですね~。
e0223456_6213470.jpg

いつも開いてるというわけではなく、電話でお願いすると開けていただけて、説明もしてもらえるようでしたが
私たちは外から見るだけで満足・・・ということで、ぐるりと周りを見せてもらいました。庭も立派。
e0223456_6224776.jpg

e0223456_62307.jpg

e0223456_6234568.jpg

ここが正面玄関のところ。現在のこの家は文政3年(1820)に建てられたものとのこと。
e0223456_624352.jpg

こちらは土蔵。
e0223456_6262477.jpg

こんな山奥の高所に何故・・・と思いましたが、きっと水もあり日当たりも良く、不便だけど生活するには
良かったのかなぁ~・・・なんてことを考えつつ見せてもらいました。

写真は全てクリックすると大きくなります。よろしければクリックして拡大して見てください♪


☆ご訪問、どうもありがとうございます♪ ランキングに参加してます☆
ポチッ↓↓と 一日一回していただけると励みになりますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村      人気ブログランキングへ
by meldad1524 | 2012-05-30 06:30 | photo scenery | Comments(2)
Commented by jarippe at 2012-05-30 08:19
きれいな大鹿村 一度は行かないとねー
歴史ある村なんですね 大鹿歌舞伎も見たいです
映画みました 原田芳雄さんのその後を思うと
格別なものがありますね
参考にさせて頂いて行ってきますね
Commented by meldad1524 at 2012-05-30 23:19
jarippeさんへ♪
とても良いところだったので、jarippeさんも是非一度行って見てください♪
山の中のこじんまりとした村で、コンビニなんて見かけなかったし
良い感じの村だなぁって思いました。
そうそう、大鹿歌舞伎も一度見てみたいですよね~。
年に2回だけなので、なかなかチャンスがないんですが、いつか・・・と思っています。
私も映画を見たので、余計に一度は見てみたいですし。
原田芳雄さんのその後・・・本当に残念で悲しかったですが
この松下家のあと、彼が映画内でやっていた「ディアイーター」という
食堂がちゃんとあって(映画後、名前を映画と同じディアイーターにしたとのこと)
そこでしっかり食事してきました(*^^)
そしてそこにはまだ原田さんがいるようでした・・・
明後日、食堂内の記事をアップしますね^^


<< from the bridge... village(長野県下伊那郡... >>